トランペットも日頃のメンテは欠かせません!

トランペットを演奏する楽しさや魅力には言うまでもありません。まさに花形です!!

しかしその美しい音色や素晴らしい演奏を維持するためには日々のメンテナンスが欠かせません。トランペットを吹く前と吹いた後のメンテナンスは、楽器の長寿命化や音質の維持において非常に重要です。そこで、今回はトランペットのメンテナンスについて詳しくご説明いたします。

まず、トランペットを吹く前のメンテナンスです。演奏する前には、バルブやスライドをスムーズに動かすためにバルブオイルやスライドグリースを塗布し、機能を確認します。もし本番でオイルが切れてピストンが動かない、一番と三番管が動かない、となってしまうと非常に悔いの残る演奏になってしまいます。日頃から習慣づけておくととても安心です。

演奏後のメンテナンスも同様に重要です。楽器を演奏した後はマウスピースを水やマウスピースクリーナーなどで洗浄します。また、楽器の内部には水分がが溜まりますのでスワブを通して内部を乾かすことも大切です。楽器全体を拭き取り、保管する際にはケースにきちんと収納し、安全に保管します。これらを適切に行うことで楽器の劣化や故障を防ぎいつまでも美しい音色を楽しむことができます。

トランペットもメンテナンスは定期的に行うことが重要です。定期的な点検や調整を行うことで、楽器の状態を常に良好な状態に保つことができます。

ぜひ楽しいトランペットライフをお過ごしください!

この記事を書いた人

hkanngakki